公共交通は、高齢化社会、環境問題の背景から必要性が高まっておりますが、一方1970年代以降のの自動車利用増により、公共交通利用者が減少している状況です。
地域住民がおかれている状況、利用者ニーズを把握し、利便性向上をはじめ、環境的に持続可能な交通利用形態の提案を行ってまいります。
 
地域性の高い公共交通計画においては、「実証実験」そして「アンケート」が重要であると考えています。 われわれは、アンケートの設計、実証実験の実行、効果の測定・分析をトータルソリューションとしてご提案いたします。
 
業務概要
業務概要キーワード
バスに関する情報提供のあり方の検討 複数のバス事業者が運行し、ポールも複数、時刻表形式もバラバラな区間に対して、バス時刻表を統合し、高齢者にも見やすいよう工夫した時刻表を提案した。 バス、実証実験、アンケート、ヒアリング、TFP
公共交通導入に関する検討 公共交通の導入において、必要性、地域性、採算性等について、AHPの手法を用い、地下鉄やLRT等の最適な交通システムを提案する。 公共交通、AHP手法、交通システム
 

Copyright©2006 Toshi Koryu Planning Co.,Ltd All Rights Reserved