GISやVRのように「視覚的」に伝えるツールを活用し、市民やお客様に対して、調査、分析結果をわかりやすく伝えることが必要と考えています。
 
 
GIS(地理情報システム)
座標データと統計データを連携させることにより、様々なデータを視覚的に表現できます。
座標データ統計データ表現結果
行政界人口データ 人口分布
鉄道ネットワーク駅間所要時間 等時間到達圏
道路ネットワーク
&
プローブデータ
特になし プローブ軌跡図⇒旅行速度分析
 
VR(バーチャルリアリティ:仮想現実)
都市、交通等の計画における施策前後の変化を動的に表現でき、また、その「まち」を自分の視線で眺めることが可能です。
さらに、簡易的な交通ミクロシミュレーションも可能です。
たとえば表現
LRT構想
 

Copyright©2006 Toshi Koryu Planning Co.,Ltd All Rights Reserved